「香育(こういく)」は子どもたちに向けた「香りの体験教育」です。

  ★☆★「香育(こういく)」についての詳しい内容はこちらのページ←をご覧ください。★☆★

植物の香りを体験することを通して、豊かな感性や柔軟な発想力を育むとともに、人と植物との関わり、自然環境の大切さを伝えます。

ヒーリングルームmomo代表の佐藤浩子が、「AEAJ学校香育サポート制度」を受けて全国各地の小中学校等を訪れ「香育」の出張授業を行う際のサポートを行っております。

▼2月の香育教室はユーカリのお話♪

先月、小学校でのアロマの教室。風邪が流行っていたので、精油はユーカリラディアタを取り上げました。 ユーカリと言えば、コアラの食べ物。600種類もあるのにコアラが好むのは約35種ほどだそうです。年間に1匹が食べるユーカリ代は約800万円!(800万円と言えば、名古屋市長の年収ですね。)無農薬で栽培しているため費用が掛かります。害虫も人が手作業で駆除するようです。

「コアラ」は水を飲まないのですが、それには意味があります。水分は新鮮なユーカリから摂るからです。ユーカリ栄養分が少なく、コアラが昼間は寝てばかりいるのは、体力を使わないようにしているのです。

1年生が多かったのですが、みんな興味津々で聞いくれてました。子供達は本当に素直でかわいいです。発想もとても豊かです。 「わたし、香りのこと、好きになったよ」 「レモンは嫌いだけど、レモンの香りは好き」 「これ、どこかで嗅いだことある香りだ」

「廊下に出て、部屋に入ってくると、いろんな香りが混ざった香りがする」 毎回、新しい発見をしてくれる子供達。みんなで楽しく自然の香りの中でほっこりした時間を共有させて頂きてます。

「香育(こういく)」についての詳細はこちらのページ←をご覧ください。

関連記事

ページ上部へ戻る